【秘伝】片想いで困ったら……試しておくべき特別なアプローチ法3選

気になる相手に対して、どうやってアプローチしたらいいかわからない…現在のあなたはそんな悩みを抱えている様子。
早くに片想いの状態から抜け出すため、みっつの秘訣を紹介します。ぜひ、これらの方法で気になる相手を落としてください。

なかなか発展しない恋は辛い!

好きになれる相手がいるというのは、とても素敵なこと。
しかし、そういう相手との関係がなかなか進展を見せないという状態は、とても苦しいですよね。
特に片想いが始まってから時間が経ってしまうと、疑心暗鬼に陥ってしまったり焦りばかりが募ったりしてしまうでしょう。
手をこまねいているうちに気持ちが変化してしまうとか、相手に新しい恋人ができてしまうとか、そんな「最悪の予想」も浮かんできているのではありませんか?
ですが今のあなたが陥っている不安は、ちょっとした行動で解消できるものです。
後ろ向きになってしまう前に、試せることがあるという事実を知ってください。
好きな人との関係が進展を始めたら、これまで苦しんだ時間も、恋愛に特有の「いい思い出」になることでしょう。

「押して、引く」の基本を忘れずに

まずひとつめの秘訣は、「押して、引く」ことです。
自分が抱いている恋心を、ただ相手に伝えればいい…というわけではないのが恋愛の複雑なところ。
時には、あえて距離を置いてお互い冷静に戻ることも必要なのです。
強引に想いを伝え、勢いで押しきることができたとしても、その関係はもろいものとなってしまうでしょう。
お互いの気持ちを探り合いながら、着実に縁を結んでいくのが、本来あるべきアプローチだと考えてください。
といっても、「関心を失ってしまった」と誤解されるのは避けたいですね。
完全に連絡を絶ってしまうのではなく、少し離れたところから相手を見守るくらいのつもりでいるといいでしょう。
あなたからの歩み寄りを、2回から1回に変えるだけでも効果が期待できます。

軽いスキンシップをする

現在、あなたは気になる相手に対して、しっかりと歩み寄らなくてはならない…そんなふうに思い込んでいるのではありませんか?
意気込みはいいのですが、急に距離を縮めてしまうとお互いに負担がかかってしまうことも知ってください。
まずは軽いスキンシップを心掛け、少しずつ距離を縮めていくことが大事なのです。
それがふたつめの秘訣。
確かに距離がぐっと縮まると、進展を実感しやすいですよね。
ですが、そのせいでストレスがかかったり戸惑いが生まれたりしては意味がありません。
お互いの様子を観察しながら、少しずつ関係を築いていくといった姿勢を、もっと大切にしてみてください。
恋愛に焦りは禁物…そう考えて、しっかり相手と向き合いましょう。

相手に悩みを相談してみる

みっつめの秘訣は、あなたがひそかに抱いている悩みを相談してみることです。
これはあなたの秘密を明かすといった側面もありますので、心の距離が縮まりやすいでしょう。
二人きりで話す形にもなるでしょうし、あなたのことを理解してもらうきっかけにもなります。
もちろん、相談に乗ってくれている姿を見て、相手がどんな人なのかを見極めることだってできるでしょう。
ただし、相談する内容にもよりますが、ある程度まで親しくならないと機会がめぐってきません。
そういった理由から、秘訣としてはみっつめにあげたのです。
つまり、当面はなんでも相談できるような距離感を目指して交流を続ければいいということ。
現状を考えると、無理のない目標だと言えそうです。

さいごに

気になっているその人とあなたとの関係は、まだこれから進展を始めるところです。
片想いの状態を「つらい」と感じてしまうと、ほんの少しの時間も耐え難く思えるもの。
気持ちが焦ってしまって、みずからの心を追い詰めてしまっている状態なのでしょう。
しかし、本番はこれから。
ネガティブな気持ちを抱く段階にはないという点を、しっかりと理解していてください。
むしろ、これから本気を出そうという段階にあることを知っておきましょう。