【片想いを終わらせる】好きな人を諦める方法まとめ
恋することに疲れていませんか?
24時間頭から離れない。 異性と話している姿を見るだけで心が乱れる。 目が合っただけで心が躍る。なんだかもう疲れた、もういいや……
好きな人を諦めたいあなたに贈ります。3つの方法です。

【諦める方法①】好きな人と距離を置く

「諦める」と決めたなら距離を置くことは大切です。 とはいえ、毎日顔を合わせるような人の場合、それは難しいですね。
まずは、連絡手段を断ってしまって下さい。それができない関係性にある場合、睡眠中はスマホの電源を切るなどして、一定の時間は物理的に連絡を取れないようにしましょう。

また、心理的に距離を置くのも必要です。視野を広げることで、好きな人のことを考える時間は減っていきます。 本を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いたりしてみましょう。 運動するのが苦でなければ、散歩やジョギングが最もおすすめです。
日の光を浴び、季節の風を感じるだけで穏やかな感情がわいてきます。 恋愛モードだった自分に変化が感じられるはず。

【諦める方法②】どうして好きだったのかを整理してみる

多くの異性の中でどうしてその人を好きになったのでしょうか。 一つ一つ、書き出してみましょう。
例えば「話があう」「一緒にいて楽しい」「頼りがいがある」 書き出してみると気付くことがあるはずです。 話があう友達、一緒にいて楽しい趣味の仲間はいませんか? 頼りがいのある先輩はいませんか? 「その人でなくても大丈夫かも」と思えることもあるでしょう。 「この程度の人なら、また出会えそう」と思うかもしれません。 いずれにしても、ぐるぐると頭の中で考えるのは苦しいですね。

思いは書き出すことで整理され、自分を客観視できます。 書き出してみたことを数日後に読み返してみた時、気持ちの変化に気付くこともあります。

【諦める方法③】「諦める」と周りや本人に宣言する

周囲に宣言することで宣言したことが実現しやすくなる効果があります。 心理学の用語で「宣伝効果」と言います。 例えば、勉強をする時やダイエットをする時も、周囲に目標を宣言する方が実現の可能性が高まります。

「諦める」と言いながら、それができない自分はみっともないですよね。 周囲に宣言すると「みっともないことは出来ない」という気持ちが働きます。
また、「諦める」と周囲に伝えると同時に、その決意は自分の潜在意識に刷り込まれるのでしょう。
とはいえ、実際誰に宣言すれば良いのか迷ってしまいます。 紙に書いて目に入るところに貼る、友達に聞いてもらう、本人にメッセージを送る…… 自分の状況に合わせた方法で宣言して下さい。

好きな人を諦めるには時間が必要

「諦める」と決意し、頭ではその方が良いと分かっていても、気持ちが付いていかないことがあるでしょう。
自分の気持ちを納得させるには時間が必要です。
「好き」という気持ちを曲げて「諦める」ならば、なおさらです。 100%好きだった気持ちを、今日0%にしなくても大丈夫。 一日一日、何かが変わっていますよ。
今日は連絡を取らなかった、次の日はメッセージをチェックしなかった、また次の日は思い出す時間が減った…… 70%になったかと思えば、85%の好きになったり……

そんな自分の感情に疲れ果ててしまうかもしれませんが、片思いの自分に戻るよりはずっと幸福。
「諦める」と決めたのなら、いつか必ず忘れられます。 進んだり戻ったりしても良いのです。

まとめ

片思いに疲れたのなら、「諦める」という選択があっても良いと思います。 モヤモヤとした気持ちで過ごす時間は、苦しいですよね。 進展しない恋に執着しないで、自由で楽しい人生を送ることを考えてみましょう。

一つの恋を経験したことで、あなたは成長しています。 恋は始まりませんでしたが、そのすべては貴重な経験…… 片思いもしていない人よりもずっと素敵です。 その恋を諦めた後に、輝く未来が待っているに違いありません。