好きな人とお別れしてしまう…そんな片思いの終わらせ方3選
片思いの状況がずっと続くのはつらいですね。 片思いで心がしんどくなっているのであれば、一つ結論を出すのも一考です。
片思いを終わらせるおすすめの方法について3つピックアップしたので、自分の気持ちに整理をつけるためにもチャレンジしてみませんか?

①直接思いを伝える

片思いの相手に対して告白するのは一つの方法です。 もちろんうまくいく可能性もあれば、フラれる可能性もあります。
中には「告白してもフラれる…」と思っている人もいるでしょう。しかし結果が出れば、一区切りできます。 告白するのは、自分の気持ちを表に出すことです。 悩みを相談したら、結論が出なくても気持ちの軽くなった経験はありませんか? それと同じで心に抱えている想いを吐き出すことで、辛さが軽減されます。

またたとえ告白して断られても、「やるだけのことをやった」という満足感が得られます。 おそらく片思いで終わってしまうと、「あの時告白しておけば…」という後悔が生まれるはずです。 後々後悔したくなければ、告白して別れるきっかけを自ら作りましょう。

②手紙で気持ちを伝える

片思いの相手に告白したい、でも直接言葉に伝える勇気がどうしてもわかないという人もいるでしょう。
その場合、手紙で想いを伝えてみるといいでしょう。 手紙であれば、直接相手のリアクションを見ずに済みます。 「答えはまた今度でいいから」という形で渡してみましょう。 また手紙のいいところは、じっくり考えて文章を作成できるところです。 告白するときに言葉を準備したけれども、片思いの彼を目の前にして頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

しかし手紙なら、自分の思いを伝えきれないこともなく後悔せずに済みます。 メールという方法もあるかもしれませんが、手紙の方がおすすめです。 手書きの方が温かみがあって、あなたの恋の真剣度もアピールできるからです。

③食事などに誘ってみる

片思いに決着をつける方法として、食事に誘ってみるのもいいですよ。
彼を目の前にすると、自分の思いを伝えられない人には特におすすめです。 「今度食事でもどう?」なら、告白するよりも誘いやすいでしょう。 この時のリアクションで、脈ありかどうか何となくわかります。 相手が浮かない顔をした、乗り気でなければ脈なしでしょう。

また相手がOKしてくれた場合でも、食事の時の振る舞いで脈ありかどうか判断できます。 会話が弾まない、こちらが話しかけてばかりいる場合には彼は残念ながら脈なしです。 直接的な言葉で自分の気持ちを伝えられなければ、食事という形で間接的に誘ってみるといいでしょう。 結果が出れば、自分の気持ちにも踏ん切りが付けられます。

とにかく、心残りを残さないことが大切

片思いのままで、なかなか告白できない人の中には「フラれたら彼と別れることになる」と思っている方もいるでしょう。 確かに告白することでフラれて、片思いが終わってしまうこともあり得ます。 しかし一方で告白した結果相手がOKして、お付き合いできるかもしれません。 片思いのままでは、お付き合いをするチャンスも自らつぶしてしまいます。

片思いで自分の思いを相手に伝えないままで別れると、きっとあなたは後悔するでしょう。 結果が出れば、次の恋愛にいずれ目を向けられます。
上で紹介した方法のほかにも、どんな形であれ彼とコンタクトを取りましょう。 そうして心残りのないように、自分の気持ちにハッキリけじめをつけることが大事です。

さいごに

片思いの彼がいる、このままの関係でもかまわないと思っている人もいるでしょう。 確かに告白してフラれたら、彼との関係もそこで終わりです。 彼との別れを恐れて、なかなか告白できない気持ちもわかります。

でも片思いのままでは、それ以上関係は発展しません。 告白して、相手の気持ちを知ることは区切りをつける意味でも大事です。
片思いの彼に、自分の思いを知ってもらうためにもどんな形でも告白するのがおすすめです。 当たって砕けろ、ダメでもともと、このような気持ちでアタックしてみてください。