「まさかあの行動って……」ヨリを戻したい男性の行動パターン3選
もしかしたら元彼は復縁を希望している?と感じたことはありませんか。実は男性が復縁を希望している場合の行動パターンがあるのです。この記事ではその行動パターンを紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

別れたのに未練を抱く男性心理

別れたのに未練を抱く男性心理として、別れてからしばらく経って冷静になったときに、何が別れの原因だったのだろうと疑問に感じることがあります。この場合、別れの原因がはっきりと定まっていなく、なんとなく別れてしまったという場合に多いです。

また、男性に新しい彼女ができて、新しい彼女と比べみると元カノのほうが良かったと感じ、未練を抱く男性もいます。新しい彼女には失礼なのかもしれませんが、やはり元カノが良かったと未練を抱くようです。そして、付き合っている時に結婚の話が出て、結婚する気がないから別れたという場合、男性の結婚観が変わって未練が残る場合があります。やはり結婚したいと考え、それには元カノしかいないと考えるようです。

復縁したいときに見せる行動パターン①頻繁に連絡してくる

復縁をしたいと感じている男性の行動パターンとして、マメに連絡を取ってくることがあります。例えば「最近どう?」「貸していた○○返してほしいんだけど」「久しぶりだね」などと元カノの近況を知りたがったり、なんとか会おうとしたりしてくるのです。新しい彼氏ができたかどうかを聞いてくるときもあります。この場合は男性は自分に未練を残していないか確認したいからでしょう。誕生日に連絡をしてくるケースもあります。

また、周りの人たちやSNSでやたらフリーであることを主張したがるのは、「募集中」ということを強調したいのではなく、いつでも元カノが戻ってこれるように主張している場合もあります。

復縁したいときに見せる行動パターン②成長をアピールする

復縁したい時に男性が見せる行動パターンとして、自分の成長ぶりをアピールすることがあります。例えば「仕事で成功した」「○○を始めてみた」ということです。付き合っているときよりも大きく成長して、変わったのだということを元カノにアピールしたいのです。元カノにふさわしい男性になったということも伝えたいのでしょう。この場合、元カノに振り向いてもらいたい一心で男性は頑張ってきたケースが多いでしょう。

ただ、仕事やほかのことで成功したということを自慢するために連絡してくる場合もあります。元カノに振り向いてもらうためなのか、ただ自慢したいだけなのかを見極める必要があるでしょう。

復縁したいときに見せる行動パターン③食事に誘う

男性が復縁したい時に見せる行動として,食事に誘うということがあります。ただ、気をつけたいのがいきなり誘ってくる場合、単なる暇つぶしである可能性があることです。もし、定期的に連絡をくれているなかで誘ってきたのであれば、復縁を希望していると考えて良いでしょう。

男性の真意を確かめたい場合、「どうしようかな」とちょっと渋ってみるといいでしょう。暇つぶしだった場合、男性はすぐに引き下がるはずです。どうしてもと食い下がる場合は元カノに未練があり、復縁したいと考えています。そして、暇つぶしであれば、その後の連絡はなくなる可能性が大きいです。復縁したいのか、暇つぶしなのか、見極めるようにしないと、気持ちを振り回されるだけなので気をつけるようにしましょう。

◆復縁を希望しがちな男性の特徴

復縁を希望しがちな男性の特徴として、女性と一緒にいないと寂しくて耐えられないということがあります。この場合、同性の友だちが少なく、いつも女性と行動してきたという男性が多いかもしれません。また、深く考えることなく、気まぐれに行動してしまう男性も復縁を希望しがちです。気まぐれで元カノと別れてしまった場合が多いからです。

こういう男性は毎日気分がコロコロ変わるので、復縁したいと言ってきたとしても、あとから撤回する可能性があります。そして、付き合った期間が短く、お互いをよく知ることができなかった場合も、男性は復縁したいと希望する場合があります。もっとお互いをよく知ればよかったという後悔があるからでしょう。

復縁を迫られたら?①気持ちを整理しよう

復縁を迫られたなら、自分の気持ちを一度整理してみることをおすすめします。自分自身が本当にやり直したいのか、考えてみるといいでしょう。復縁を申し出られるとついOKしてしまうかもしれませんが、男性の言葉にただ惹かれただけという可能性もあります。

また、元彼以上の男性が自分にはいないのか確認してみましょう。元彼以上の男性と出会うことはないと思うのだったら、復縁をおすすめします。ただ、元彼以上の男性がいると感じている場合は復縁はあまりおすすめしません。そして、復縁したときのメリット・デメリットを冷静に考えてみることが大切です。デメリットが多いようなら、復縁してもあまり良いことはないかもしれません。

復縁を迫られたら?②別れた原因を考える

復縁を迫られたなら、別れの原因を考えてみることをおすすめします。そもそも何が原因で別れたのか、考えてみるといいでしょう。ヨリを戻したときに同じことが起こらないのか、考えたほうが良いです。同じことが起こりそうなら、また別れてしまう可能性もあるので復縁しないほうがいいでしょう。

また、相手の何が嫌だったのかを考えてみることも必要です。決定的に嫌な部分があるのなら、ヨリを戻しても変わることはない可能性が高いので、復縁は考え直したほうがいいでしょう。また、あなたが結婚を希望していた場合、元彼の結婚観が変わっているかどうか確かめなければいけません。もし将来のことをまったく考えていないのなら、復縁はあきらめたほうが無難です。

◆復縁しない方が良いパターン

復縁しないほうが良いパターンとして、現在お互いが忙しいということがあります。もしヨリを戻しても、すれ違ってしまう可能性が高いので、復縁はしばらくしないほうがいいかもしれません。また、お互いの短所が改善されていない場合も復縁しないほうが良いです。ヨリを戻しても、また同じ理由で別れてしまうことが多いからです。

もし,お互いの短所が改善されていると感じるのなら、復縁してもうまくやっていける可能性があるでしょう。そして、あなたが結婚したい場合に相手にその意志があるのか、確認するのも必要です。将来についての考え方が違うと、いつか別れなければならなくなるからです。復縁する前に、結婚への意思確認をしておくといいでしょう。

まとめ

復縁したいと考える男性の行動パターンについてまとめました。もしかしたら元彼は復縁したいのかも?と感じたら、この記事で紹介した復縁したい男性の行動パターンに当てはめてみましょう。当てはまるようであれば、彼が復縁を希望している可能性は高いです。けれども、すぐに復縁はしないほうがいいかもしれません。同じ失敗を繰り返さない自信がついてから、ヨリを戻すことをおすすめします。今回の記事があなたの役に立つことを願っています。

出典:istock

その他のおすすめコラム