『仕事仲間』から『恋愛対象』へと男性が女性を意識するパターン5選
社内に好きな男性がいるけど、「恋愛対象として意識してもらえていないのでは?」と悩んでいる人も多いはず…。そこで今回は男性が女性を仕事仲間から恋愛対象として意識するパターンについてご紹介します。ぜひチェックしててくださいね。

ギャップを目にした時

仕事仲間から恋愛対象へと男性が意識するパターンとして、『ギャップを目にしたとき』があります。仕事中とは違う顔を垣間見た時に、男性は女性へと興味を示すことが多いです。例えば、女性の外見や見た目からは想像できないような趣味を持っていたり、仕事に厳しい女性が可愛いキャラクターのグッズを持っていたようなときです。

また、『私生活における意外な一面を持っていたとき』も、男性は女性に惹かれることがあります。普段、女性が仕事に真剣であればあるほど、弾けた笑顔を見せるなどの意外な一面を見せた時に、男性はときめくのです。このように、普段とのギャップに心を奪われてしまう男性は多くいます。普段、真面目にしている女性ほど効果はぐんと上がりますよ。

女性らしさを感じた時

男性が仕事仲間から異性を意識する瞬間として、『女性らしさを感じたとき』があります。例えば、普段、仕事に一生懸命でどちらかというとサバサバした女性が、女性らしい面を見せたときに、男性はドキッとするのです。隣りに座った時にふわっと良い香りがしたり、なにかに感動して人知れず涙ぐんでいたりするときなどは、男性が女性を意識するきっかけに繋がると言えるでしょう。

女性らしさを意識してもらうには、男性に恋愛相談をしたり過去の恋愛話をしてみると効果的です。「あ、この人は女性だったんだ」とそこで初めて意識する男性もいるでしょうから、自分の女性らしい面を積極的に自分から出していくことは大切なのです。

優しくしてもらった時

『優しくしてもらったとき』に男性は女性にキュンとすることがあります。男性が仕事でへこんでいるときに、女性から優しくされると、まるで女性が女神様のように見えてしまうのです。普段、仕事に厳しい女性であればあるほど、優しくしたときのギャップが大きくなり、男性に対するインパクトも強くなるでしょう。

さらに、男性のファッションセンスなど、仕事以外の面で褒めてあげると、「自分のことを見てくれている人がいる!」と感激する場合があります。あくまでさり気なく褒めることで、女性としてだけではなく人間性の良さもわかってもらえますし、男性へのアピールにもなりますよ。

仕事に集中している時

『仕事に集中しているところを見た時』も、職場で男性がドキドキする瞬間になりますよ。例えば、普段はほんわかしている女性が、メガネをかけてパソコンに向かっていたり、髪を一つに束ねたりしている姿にキュンとくる男性もいます。女性が仕事モードに入っている姿や集中している時の横顔などに、男性はグッとくるのです。

また、同じプロジェクトや仕事の仲間であれば、同じ目的を持って取り組んでいるので、「仕事に対する真剣さ」が好感に繋がりますよ。同じ仕事をするからといってはじめから下心を持つのではなく、まずは一生懸命に取り組むことで、人として好かれるようにすると良い関係が築けるでしょう。

他にはこんな時も……!

男性が仕事仲間である女性に対してキュンとする瞬間は、他にもあります。『女性が仕事などに対して、しっかりとした考え方を持っていることに気づいたとき』もそのうちの一つ。普段は明るく周囲を和ませるような女性が、仕事に対して高い意識や目標を持っていたりすると、男性は女性のことを改めて見直すことでしょう。

なお、『イメージチェンジ』も恋愛対象として意識してもらうきっかけに。長い髪をばっさりと切ったり、メガネをコンタクトに変えたりすると雰囲気がガラリと変わるので、男性はドキッとして女性を意識せざるを得ません。さらに、自炊をしていたり、お弁当を作ってきたりするのも女性としての評価を上げるのに効果的です。家庭的な一面を見せることで、男性に自ずと将来の姿をイメージさせることができます。

社内恋愛が始まるきっかけ①残業・業務後の連絡

社内恋愛が始まるきっかけとして多いのは、『残業や業務後の連絡』。例えば、残業などで職場に女性と二人きりになると、自ずと二人きりで話す機会が増えるため、女性を意識せざると得なくなります。普段は恋愛対象として意識していなくても、二人きりになることで急にドキドキすることってありますよね。「一緒に頑張ろうね」「お疲れ様」などというねぎらいの言葉とともに、差し入れなどをすることによってさらに距離は縮まります。

しかし、あまり女性をアピールしすぎると、「不真面目なのかな?」と相手に不信感を抱かせてしまうので、あくまで自然体でいるようにしましょう。仕事が終わった後にも、メールなどで個人的に連絡をとってみたりすると、直接会話しなくても親しくなれますよ。

社内恋愛が始まるきっかけ②悩み相談をして…

『男性に悩みを相談したとき』も、社内恋愛が始まるきっかけになることがあります。日常の業務で悩んでいることや、仕事について考えていることについて相談してみるといいでしょう。真面目に仕事に取り組んでいることが伝わりますし、男性も頼られている気がするので悪い気はしません。

男性と元々仲が良いのなら、恋愛相談を持ちかけてみるのも一つ。お互いの恋愛観も知ることができますし、男性もその時は同僚ではなく、女性として扱ってくれるでしょう。そして、恋愛相談をしているうちに、いつの間にか距離が縮まっていた…なんてことも。男性は基本的に頼られることが大好きなので、程よい距離を保ちながら悩みを相談してみると親しい関係になりやすいですよ。

『恋愛対象外になるパターン』って?

男性が普段から「社内恋愛はしないようにしている」「○○さんは自分にはもったいない」「別れた彼女を引きずっている」などの発言をしている場合は、そもそも自分と恋愛するのは難しいかもしれません。特に、過去の恋愛で大きな痛手を負っている場合、無理に迫ってしまうと逆に嫌われてしまう可能性があります。

また、女性の性格が子供っぽかったり、男性の好みのタイプではない場合、ハードルは高いものとなるでしょう。男性の恋愛対象外にならないためにも、会社でのキャラクターや普段の発言には十分に気をつけて下さい。あらかじめ男性の好みをきちんとリサーチして、好みに近づけておくとアプローチもしやすくなります。

まとめ

男性が女性を仕事仲間から、恋愛対象として意識するパターンについて紹介しました。意外とさりげないことでも男性は異性として意識していることがわかったと思います。恋愛対象として見られるためには、良い意味でのギャップを見せることが大切。男性は意外性に弱い生き物ですので、良いギャップをアピールするようにしましょう。職場恋愛に発展できるといいですね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム