【最近、おかしくない…?】浮気・不倫をする男性の見抜き方8選
「最近、彼の様子がおかしい…」とつい浮気や不倫を疑ってしまうことってありますよね。今や芸能人でも不倫はメジャーなもの。では、一般的には不倫はどのようにしてバレてしまうものなんでしょうか?今回は不倫をしている男性がやりがちな行動パターンについてお教えします!

スマホを手放さなくなる

不倫をしている男性の中で、『スマホを手放さなくなった』というのが一番バレやすいキッカケと言われています。今までは、リビングなどどこにでも置きっぱなしにしていたのに、背を向いて操作するようになった、トイレやお風呂にまで持ち込むようになったなどの変化が見られることがほとんど。

また、男性に隠れて定期的にスマホを確認しているのであれば、「急に画面ロックをかけた」「アプリなどにパスワードをかけ始めた」というもので見抜くこともできます。こういった普段の小さな習慣の変化によって、本格的にメールチェックやLINEの履歴などを確認していくと決定的な証拠が出てきたりもします。

レシートの『捨て忘れ』

たった一枚の『レシートの捨て忘れ』であっても、不倫が発覚することがあります。いつもなら都内や仕事場にいるはずなのに、なぜか遠方の所在地を示すレシートが見つかって…なんてパターンもあります。出張だと言って泊まったホテルのレシート見ると、「利用人数が2人」と書いてあった、利用時間が真っ昼間など違和感のある時間帯でないか、細かい部分をチェックしてみて下さい。

もし、男性がインスタグラムなどSNSをやられているのであれば、投稿写真や投稿時間の確認を。「どうしてこの時間に更新しているの?」「こんな場所で仕事するなんておかしい」と明らかにおかしい点があれば、不倫をしている可能性が高いとみていいでしょう。

頻繁に外出する

休日はいつも家でゴロゴロしているのに、急に『単独でどこかに頻繁に出掛けることが増えた』ら、不倫を疑ってみたほうがいいでしょう。そういった男性が出掛ける時に言いがちなセリフとしては、「本屋に行って調べものしてくる」「会社で必要なものがあるんだ」などが挙げられます。具体的な場所を言わない、帰ってきた時にその場所での購入品を手に持っていないとなると、「本当にその場所に行ったのか?」と疑問に思いますよね。

他には、会社がらみなのに服装があまりにもカジュアルすぎる、お酒の匂いの有無などで問い詰めたら、辻褄が合わず一気に白状した…といったパターンもあります。

急に優しくなる

不倫をしている男性の中には、罪悪感などから奥さんや恋人、子供に対して『やたらと気遣う』『急に優しくなる』人もいます。男性側としては、相手に喜んで欲しいから尽くしているというよりも、「これで不貞行為をしていることを許してほしい」「プラマイゼロにしてほしい」などといった、罪滅ぼし的な心理があります。

いつもなら反論してくる場面でも、「いいよ」と肯定することが増えた、記念日でもくれなかったプレゼントを急に笑顔で渡してきた、やたらと上機嫌で話すことが増えたなどが重なれば、怪しいです。「何かやましいことがあるのでは?」「何かを隠そうとしているのは?」と、まずは様子を伺ってみましょう。

外見に気を遣う

不倫をし始めた頃に気付かれやすいポイントでもある、『外見の変化』。服装の好みが以前と変わった、これまで興味がなかったのに高級ブランドを身につけ始めたなどをきっかけに、浮気が明るみになることも。中には、奥さんがいつも購入していた下着をいつの間にか自分で選ぶようになったというパターンもありますよ。

不倫をしている男性は、「不倫相手にはかっこいい自分を見せたい」「良く思われたい」という気持ちが少なからずあります。明らかに誰かの目を意識した身なりや、香水の有無など匂いの変化があれば要注意。家では扱っていないようなシャンプーや柔軟剤の匂いが男性からすれば、「イイ匂いするね、どこか行ってきたの?」とカマをかけてみましょう。

バラした/バラされた

驚くべきことに、当事者や第三者から「バラした」「バラされた」ことがきっかけで、不倫や浮気が分かったというケースは決して少なくありません。浮気相手の女性がマウントを取るために、わざと直接自宅に電話を掛ける、伝えに来る、「別れて!」と怪文書のような手紙を送る方もいます。

第三者からでいうと、夫婦の共通の知り合いからの目撃情報や、子供が不倫相手といるところを見ており、何の気なしに家族の前で暴露するなどといったケースもありますよ。不倫をしている男性自身からの直接的な告白は少ないですが、「ふとした時に別の女性の名前を出す」「名前の言い間違いをする」「名前呼びだったのに君呼びになる」などがあれば、不倫をしている確率は高いです。

パートナーの勘

何の物的証拠もないのに、不倫に気付くことがあります。それは、『女性の勘』。完璧に隠し通しきれていると男性が思っていても察することができますし、的中率も高いです。そもそも女性は男性よりも直感能力や勘が鋭いところがあるとされており、ハッキリと説明ができなくても、何となくの雰囲気や違和感で分かることも。直接「浮気してるよね?」と言わなくても、水面下で外部に浮気調査を依頼してみるというのも手です。

そうして、男性に疑われている自覚がないまま着々と調査を進め、決定的証拠や瞬間を取り押さえたうえで離婚の切り出しや不倫についての話題を振るようにしましょう。そうすると、男性はもう逃げられません。特に、長年連れ添った夫婦や小さいころから見知っている幼馴染カップルなどに効果的なやり方だと言えるでしょう。

ほかにはこんなきっかけも……

不倫や浮気を見破るキッカケは他にもこんなところに転がっています。『男性が恋人や奥さんの予定をやたらと把握したがる』のもその一つ。休日はどこにいるのか、何時まで家にいないのか、子供の習い事の時間帯など特に「時間」についてしつこく聞いてきたときは、違和感を持つようにして下さい。

不倫をする男性にとってみれば、いかにパートナーにバレないかという所が重要なため、不倫相手とどのタイミングで会えるのかを計画立てている可能性が高いですからね。

また、『送った覚えのない高級な品物を男性が持っていた』といったパターンもあります。もし、自分で買ったのであれば一番に女性に自慢してくるはずですし、会社で何かの祝い事でもらったという場合も同じく報告してくるはずです。何も言ってこないということは「やましい関係にある人からかな?」と、とりあえず出所をさらっと聞き出しましょう。

まとめ

不倫や浮気は基本的に「相手が何をしているのか分からない」という疑問が募った結果、発覚することがほとんど。そしてその疑問は、日頃の些細な行動の不可解さや違和感がきっかけになります。一度、不審に思ったら。そこからはあの手この手で確実な証拠を探ってみるのです。意外なところに不倫をしているサインは隠されているものですよ。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム