【男女共通?】「結婚できなさそう…」と思われる人の特徴って?
あなたの周りに、「結婚できなそう…」と思う人はいませんか?実は、結婚願望が強い人ほど、結婚から遠ざかるような行動をとってしまうこともあるのです。あなた自身ももしかしたら、異性からそういった目で見られてしまっているかも⁉今回は、そんな「結婚できなさそう…」と思われやすい人の特徴について解説していきます。

理想が高すぎる

結婚相手に対する理想が高すぎる人は、結婚から遠のきやすいですよ。結婚には「つり合い」というものがあります。決して高望みが悪いという訳ではありませんが、自分を客観的に見れない人は、なかなか良い人に巡り合うことができません。理想を高く持つことは良いですが、条件が厳しすぎる上に全く譲歩しないといった場合、そもそも出会い自体も狭くなってしまいます。

また、高すぎる理想を公言していると、他者からも「そんな相手いないよ…」「結婚できなさそう…」と思われてしまいます。理想が高い人は、完璧主義で自分を譲れない傾向にあります。結婚には相手を容認する気持ちも大切なので、いい意味でストライクゾーンを広げるように、少しハードルを下げて緩やかな目で相手を見ることを意識してみて下さい。

外見に無頓着

結婚相手として付き合おうとする場合、外見に無頓着すぎる人は外されてしまいやすいです。「外見ではなく自分の中身を見て欲しい!」という人もいるかもしれませんが、身だしなみを整えるのは大人として最低限のマナーでもあります。人と接するとき、清潔感を保った身なりができない人は、「だらしない人」「常識がない人」といった印象に。

決してお洒落な人になろうという訳ではありませんが、やはり清潔感は必要不可欠です。毎朝鏡の前に立ち、髪の毛や服装を整え、人から見られているという意識をしてみることから始めてみましょう。

外見がだらしないと、恋愛対象としてだけではなく、そもそも親しくなりたくないという人の方が大半です。第一印象を良くしたい、好感度を上げたい、もっと親しくなりたいといった思いがあるのであれば、見た目から変えていくことをオススメします。

仕事や趣味に没頭しすぎている

何かに夢中になっている姿というのは、基本的には好感を持たれやすいです。しかし、あまりにも仕事や趣味に没頭しすぎているのは、かえって近寄りがたい人と思われやすくなってしまいます。趣味を持つことはとても良いことですが、趣味を優先しすぎていると、他人からは「恋愛に興味がないのかな」「結婚願望がないのかな」といったイメージに。

また、趣味の予定ばかりを立てていると、異性と出会うきっかけもなくなってしまいます。趣味によっては異性からは理解されにくい趣味もあります。常識の範囲内であれば問題ありませんが、生活のすべてを趣味ささげていると、「金銭感覚が合わなさそう」「そもそも相手を優先してくれないのでは」と将来性を感じられなくなってしまいます。あくまでイメージだけでもほどほどにとどまらせておきましょう。

受け身・優柔不断

結婚から遠のいてしまう人の中には、自分から行動することができないといった特徴があります。恋愛経験が少なくて自分から異性に近づくことができないのは、仕方のないことです。しかし、いつまでも受け身のままだと、結婚からは自然と遠のいてしまいます。「自分から言い寄るのは格好悪い」と思っている人もいるかもしれませんが、自分から行動しなければ出会うことすらできません。

さらに、優柔不断な人も同じです。不安な気持ちを抱えていたり、良い関係の人がいるのに踏み切ることができないと、いつまでたっても進展しません。婚期を逃さないためには、自分から歩み寄れる積極性とこの人だと決めたら迷わない強い意志がなければ、結婚はすることは難しいですよ。

自己中心的

結婚とは、他の人と家族になって共に生活をするもの。ですから、自己中心的で自分のことしか考えられない人は、結婚相手や恋愛対象からは外されてしまいますよ。自己中心的な人は、人を気遣うことができず、いつも自分のことばかりを考えているといった特徴があります。職場などでこういった姿を見てしまうと、結婚はもちろん、恋人ですらできないのではと思われてしまうでしょう。

あなたの周りに、いつも誰かの悪口や仕事の愚痴で盛り上がっていたり、嫉妬や嫌がらせばかりしている人はいませんか?もっと人と歩み寄り人を気遣う心を身に着けたり、人のことを理解する気持ちを持たなければいけません。やはり気遣いのできる人や、周りのことをよく見てサポートできる人の方が、男女問わずモテやすいのです。

自立できていない

何でもかんでも人任せ、自立できていない人もまた「結婚ができない人」だと思われてしまいます。口ばかりで自分では行動しない人や、いつも他人を頼ってばかりの人は、どうしても将来性を感じることができません。特に、いい年なのにいつまでも実家暮らし、家事も何もかも家族を頼りにしている状態だと、なかなか異性からは恋人候補として魅力的に感じることができません。

結婚をするということは新しい戸籍を持ち、新しい家族を作るということです。自分のお世話をしてくれる人を見つけるための結婚ではありません。自立した心を持ち、自分1人でも生きていけるような生活力を手に入れなければ、いつまで経っても「結婚ができない人」だと思われてしまうでしょう。できる事なら一人暮らしを、もしくは家事についても一通りはこなせるようにしたいところですね。

結婚への道…①本気で結婚を意識する

結婚に近づくための方法についてご紹介しましょう。まず、「いつか結婚できる」のではなく、「結婚がしたい」という強い意志を持つことが結婚への第一歩です。待っていても自然に相手が近づいてくる、ということはあり得ないのです。自分で結婚をしたいと強く思っているのであれば、それなりに自分から出会いを求めるなど行動を取らなければいけません。まずは勇気を持って、異性との交流をしてみましょう。

そして、結婚に対して具体的に考えましょう。「どんな人と結婚をしたいのか」「何歳くらいで結婚をしたいのか」「結婚をしたらどんな生活がしたいのか」できるだけ具体的にイメージするのです。漠然とした考えのまま進んでも、後悔してしまいますからね。
はじめに結婚についてよく考えて、、自分がどうするべきなのか見つけましょう。本当に結婚したいのか、結婚するにはどうすればいいのか冷静に見極めるのです。

結婚への道…②自分自身を見つめ直す

現状の自分を客観的に考えることも、結婚に近づくための方法の一つです。自分にはどんな人が適切で、どんな人となら夫婦になれるのかを考えてみてください。自分自身が異性にアピールできるポイントを見つけるのも大切ですよ。結婚は人と愛し合って新しい家庭を築くことです。自分の魅力を自覚して、効果的にアピールできなければ、相手もまたあなたの事を見つけることができませんからね。

もし不安なようであれば、他の人に相談をしてみるのも一つの手です。既婚者や親しい人に相談をすることで、自分には何が足りないのか、どうすればいいのか、適切なアドバイスをしてくれるかもしれません。まずは自分を知り、改善すべきところを改善していくのです。少しずつで良いので進んでいきましょう。

まとめ

人から「結婚できなそうな人」だと思われていても、諦めないでください。人は変わることができます。自分を見つめなおし、改善するべき部分を改善していけば、どんどん「結婚できそうな人」に変わっていくことができるでしょう。まずは自分を知り、見つめなおすことで悪い部分と向き合ってみて下さい。少しずつでも良いので自分を変えていき、素敵な結婚にたどりつきましょう。あなたが行動をすることで未来は変わります。

画像出典:istock

その他のおすすめコラム