「メンヘラ」と言われる女性の特徴って? 嫌われてしまう理由を徹底解説
あなたも「メンヘラ」「メンヘラ女子」などという言葉を聞くことがありますね? しかし、実際にメンヘラとはどんな人の事をいうのか、どんな特徴があるのかを知っていますか? 今日ここでどんな特徴があるのかを紹介していきますので、自分に当てはまっている部分があるのかをチェックしてみてください!

そもそも「メンヘラ」とは?

メンヘラとは精神的な健康状態を表す「メンタルヘルス」の略で、精神的に不安定で自分のことで周りを振り回してしまう様子のことです。 現在では、「メンヘラ」という言葉は特に恋愛において使われることが多いですね。恋愛において使われる「メンヘラ」はネガティブな意味で使われることが多いのです。めんどくさい人や、重い人など、避けるべき人を対象に使われる言葉になっています。決してメンヘラが必ずしも悪いというわけではありませんが、メンヘラと聞くと一歩後ずさりしてしまう人も多くなってしまっているのは事実でしょう。

それではメンヘラと言われる女性の特徴についてひとつずつ紹介していきましょう。

特徴①:感情の起伏がとにかく激しい

「メンヘラ」と言われる人の特徴で一番多いのは、感情の起伏が激しいということでしょう。ちょっとした事で起こったり、いきなり泣き出してしまったり、子供のような行動を取ってしまうのです。
簡単にいうと感情のコントロールが苦手という事なのでしょう。多くの人は腹が立つことや、泣きたくなることがあったとしても、自分の胸の中でグッと我慢し、感情を表に出すことはしないかもしれません。
楽しい時間を一緒に過ごしたいと思っているにも関わらず、常に起こっていたり、不貞腐れていると男性は「めんどくさいな…」と思ってしまうことがあるのです。大人同士の付き合いなのに、子供のようにいきなり怒ったり泣いたりされれば、相手の男性はとても対等に話をしたいとは思わないでしょう。

特徴②:極度の「かまってちゃん」


極度の「かまってちゃん」というのもメンヘラの人の特徴でしょう。感情の起伏が激しいという部分と繋がる所はありますが、「かまってちゃん」ということは、常に自分だけを見ててほしい、むしろ自分以外の人とは話して欲しくないという事にも繋がります。

多くの女性は、仕事や趣味、友達付き合いなど恋愛の他にもすることがいっぱいあるので、彼とは程良い距離感を保てますが、「メンヘラ」女性は「人生=彼」なので、彼があなた以外のことに夢中になれば、途端に寂しくなってしまうのです。相手が自分に構ってくれないと、怒ったり泣き出したし、しまいには「私のこと好きじゃないの?」など言い出すことも少なくないでしょう。男性側としてはそんなつもりがないのにも関わらず「私のこと好きじゃないの?」などと言われると自分の気持ちが伝わっていないのかと想い、急に冷めてしまう人もいるのです。

特徴③:束縛する

「メンヘラ」といわれる人は相手をすぐ束縛したがります。恋愛において、お互いを束縛することは、多少なりともあるとはおもいますが、そこには限度があります。四六時中束縛されたら、人は必ずストレスを感じてしまいます。いくら恋人同士とはいえ、気を遣うこともあるだろうし、1人で考えたいこともあるでしょう。それなのに、いつもあなたに行動を縛られていたら、男性はほっと息つく暇もありません。

現在では束縛がエスカレートしている部分もあり、相手の行動を必要以上に制限したり、時には監視や監禁に近い状態になってしまうことも…。GPSで管理されているという男性も少なくないのではないでしょうか。それが良いという人もいれば、それが重荷になってしまう人もいるので、気を付けるべきポイントです。

特徴④:自分に自信がない

自分に自信がなさすぎる人も「メンヘラ」女子の特徴でしょう。自分に自信がある女性は彼に気にいらないことがあれば、スパッと別れを決断することができるでしょう。
しかし、自分に自信のない「メンヘラ女子」は交際を始めたら、四六時中彼の事で頭がいっぱい。「人生=彼」、そんな頭の中では、彼のことを失えば人生の全てを失ってしまうことになってしまいます。「メンヘラ」女性が彼を失わないように必要以上に目を光らせたり、束縛したりしたくなるのはそういう背景があるからなのです。

また、マイナス思考な一面もあります。何でも悪く考えたり、ありもしない妄想にさいなまれたりして相手を攻撃してしまうことも…。そんなことが何度も続けば、男性も相手のことを信用できないと感じるでしょうし、誤解ばかりされたら、心も傷ついてしまうでしょう。

特徴⑤:嫌いな人を徹底的に攻撃する

「メンヘラ」女性は自分の中の妄想が大きいので、嫌いな人は徹底的に嫌な人に作り上げて攻撃してしまう傾向があります。
日々生活をしていれば、苦手な人の1人や2人は誰にでもいるはずです。しかし、その苦手な人に対しても、上手く切り抜けたり、上手く付き合っていくことが必要なのです。しかし「メンヘラ」女性は、一度嫌いになった人はとことん嫌いになる傾向があります。極端に特定の人を毛嫌いするような人は「メンヘラ」女性の可能性が高いです。

「メンヘラ」が嫌われてしまう3つの理由

★疲れる

「メンヘラ女子」と一緒に居ると疲れると感じる人が多いのです。それは、感情の起伏が激しかったり「かまってちゃん」であると、周囲の人間が振り回されてしまいます。
女性がいきなり怒ったり泣いたりすれば、男性はどうしていいのか分からなくなってしまいます。そして、周りの目も気になるでしょう。それによって男性は疲弊してしまうのです……。そうなれば、とてもお互いが切磋琢磨して高め合うような大人な恋愛にはならないでしょう。女性のご機嫌ばかりうかがうような恋愛は、男性にとってとても辛いものになってしまいます。

★重い

「メンヘラ女子」を重いと思ってしまうのは、ズバリ……束縛が激しいからなのです。男性側も1人でゆっくりしたいときもあれば、友達と遊びたい時があります。それなのにいつも「どこにいくの?」「誰と行ったの?」「そこに女性はいたの?」などチェックが入ってしまうと男性も疲れてしまいます。当然全ての男性が重いと感じる事ではないかと思いますが、重いと感じる男性が多いのは事実なのです。

★何をするかわからない

感情の起伏が激しいからこそ、「メンヘラ女子」は男性にとって怖い存在です。怒ったりした時に何をするのかがわからないからです。感情のコントロールが苦手な人は、爆弾を抱えているような状態ともいえます。どんな行動、どんな一言で引き金の引いてしまうかわからないので、恋人同士であっても、常に気を張っておく必要があるのです。

「メンヘラ」を改善するためのヒント

★行動を起こす前に深呼吸

感情の起伏が激しいこと落ち着かせるためにも、まずは何か行動をする前に一旦深呼吸をしてみましょう。気持ちが落ち着けば相手を困らせてしまうかどうかに気付くことができ、行動を改めることができるのです。
今すぐに実践することは難しいかもしれませんが、少しずつでもいいので、感情を落ち着かせる意識を持ってみましょう。

★相手に期待をしすぎない

「メンヘラ」気質の女性は、何かと相手に期待しがち。「人生=彼」という考えになってしまい、誰かに取られてしまうかも、誰にも取られたくないという気持ちが強くなってしまいます。決して悪い事ではないのですが、少し過度な期待をしすぎるのをやめて見るのはどうでしょうか? そうすることで、あなたの悩みも緩和され、いちいち感情を逆なでされることも減っていくはずです。
相手に大きな期待を抱かないことは、ありのままの彼を受け入れることでもあります。何か感情を逆撫でされることがあっても、「今ここに存在している不完全な彼こそが私の愛した男性」と思えれば、広い気持ちで彼を包み込むことができそうです。

★自分の長所を伸ばす

「メンヘラ女子」は自分に自信をもっていない人が多いので、自分に自信を持つためにも、長所を伸ばす努力をしてみてください。自信がついたら、周りの人との関係も今とは違ったものになるでしょう。そうなれば、「人生=彼」という状態から脱することができるかもしれません。彼や他人とも程良い距離感やバランスが保てるようになり、「メンヘラ」改善にもきっとつながることでしょう。

まとめ

ここでは「メンヘラ」と言われる人の特徴を紹介してきましたが、「メンヘラ」が絶対的に悪いというわけではなりません。しかし、その特徴を改善していくことであなたの恋愛はさらに良い方向に進んでいくのです。ご紹介した項目に、自分は当てはまっているのか、当てはまっていたのなら、どのようにして改善をしていけばいいのかを考えてみましょう。その先にあなたが幸せだと感じることが恋愛が待っています。

その他のおすすめコラム