職場の男性が「好意を向ける女性」に送る脈アリサインって?
「出会いがない」と愚痴っている人の多くは、職場に適齢の異性がいないことを嘆いています。 それぐらい、職場は異性との出会いの場として重要視されているのです。 その出会いを手に入れるために、男性が無意識に放つ好意を逃さずキャッチしましょう。

そもそも職場の恋愛ってアリなの?

日本法規情報株式会社の実施したアンケートによると、職場恋愛を経験したことがある人は44%にも上るそうです。そして、そのうちの24%は結婚にまで発展しています。このようなデータがなくても、一緒に仕事をしている異性に魅力を感じることは誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

飾らない本当の姿を見ることができる分、仕事中の異性にはその人の本質が表れているとも考えられます。 だからこそ恋愛対象になりにくいと言う人もいますが、本質を好きになれたのであれば長続きする可能性も高いと言えるでしょう。ですから、社内恋愛を禁止しているような会社でない限り、多くの男性は職場での恋愛に否定的ではありません。むしろ、職場は自然に男女が出会える場所と考えられているのです。

◆職場恋愛のメリット

出会いの無い人にとって「職場」は唯一の出会いの場。それに、毎日顔を合わせるので総合的にみても付き合うまでの期間が短いのもいいところです。恋愛に時間がかかるタイプでもアプローチが苦手…なんて人も毎日少しずつ距離を近づけ、結婚できる可能性もあるのです。

また、社外恋愛では相手が自分意外と接している姿を見る機会が少ないので、相手の本当の性格や人となりが見えない場合があります。自分と合っている時は優しいけれど、部下や同僚に対しては態度ががらりと変わってしまう…なんて人も中にはいますからね。その点、職場恋愛ではそういった態度も見えますし、トラブルが起きた時の対応なども目に入るので、客観的に相手の性格を評価することができます。付き合ってからのギャップはそこまで感じにくいと言えるでしょう。そして何より、会社に行くことで好きな人に会えるのですから毎日が楽しくなります。

◆職場恋愛のデメリット

毎日顔を合わすというのは、確かに良い部分ではあります。しかし、裏を返せば喧嘩や別れてしまった時にも必ず会ってしまうということ。気まずさは避けられません。周囲の人間が2人の関係性を知っていたとなれば、周りの人もなんだか空気が悪くなってしまう…なんてこともあります。「仕事は仕事」と割り切ってそれぞれが打ち込むことが求められます。

また、男性でも女性でも社内で過去に付き合った人がいる場合や、異性に人気のある人物である場合、同性からの嫉妬は避けられないでしょう。同僚もまた付き合っていることをネタにして揶揄ってきたり、色々と根掘り葉掘り聞いてくるかもしれません。そうなれば、あなたのプライベートが筒抜けになってしまう事もあるので、なるべく付き合っていることは秘密にしておいた方がいいでしょう。

職場の“上司”が無意識にみせる「好き」のサイン

職場の上司と言えど、異性の部下に対して恋心を抱いてしまうことは少なくありません。 既婚者の場合はあまり期待できませんが、上司が独身であれば部下に対してやましい目を向けてしまうこともあるのです。そのような上司は、気に入った異性のことは特に気になります。上司と部下という立場の特性上、自分の立ち回りがその異性に大きな影響を与えますから、「好き」のサインは贔屓という形になりやすいのです。

最近では対処次第ですぐにセクハラと言われてしまうので慎重な人が増えていますが、それでも好意のある相手には目をかけてしまいます。そのため上司の見せるサインは分かりやすいのですが、体だけの関係を望む人もいますから注意が必要です。

職場の“部下”が無意識にみせる「好き」のサイン

職場において、部下から上司への恋愛というものは難しいものがあります。特に男性が部下で女性が上司の場合は、「自分など相手にされないのではないか」と考えてしまいやすいのです。そのため、部下の立場の人が無意識に見せる好意は控えめなものになりやすいのですよ。その男性が甘え上手な場合はうまくすり寄ってくるでしょうけれど、他の人にも同じ態度を取っていないか注意する必要があります。自分に特別な甘え方をしてくる場合は、素直に甘えさせてあげるといいでしょう。

また、甘えるのが苦手なタイプの場合は仕事でアピールをしてくることが多くなります。難しい仕事を率先して引き受けたり、仕事の成果を見て欲しがったりする部下には、自尊心をくすぐってあげましょう。

職場の“同僚”が無意識にみせる「好き」のサイン

年上や年下だとやはり職場における立場というものがあるので、ハラスメントに繋がるのではと心配しそこまで積極的になれないことがあります。しかしあなたと同期の男性や年が近いとなると、立場の近さから年下年上の方よりもフランクに話しかけることができるでしょう。したがって脈アリサインはおもに会話の中において感じ取れることが多いのです。

たとえば、男性から仕事に対する悩みや愚痴を言うようであれば、「自分のことを理解して欲しい」という気持ちを含んでおり十分脈アリサインだといえるのです。男性はそもそもプライドが高く、他人に弱みを見せることがありませんのでそれだけあなたに心を開いているということになりますからね。
他には、飲み会ではいつも近い場所にいたり、話す時の距離やボディイタッチがあるなどと言った場合も、同僚と言う立場を利用してあなたに振り向いて欲しいという気持ちが働いているといっていいでしょう。

職場の“年下君”が無意識にみせる「好き」のサイン

「年上の女房は金の草鞋を履いてでも探せ」という言葉がありますが、実際にはそれほど多くありません。男性の方がしっかりするべき、という考え方がある程度浸透してしまっているため、どうしても年下の女性の方が好まれるのです。その考え方が根強いため、”年下君”が無意識に見せるサインにも強がりのようなものが多くなります。

特に年下の上司の場合は、頼り甲斐をアピールすることが多くなるでしょう。自分の前で背伸びをしているような人は、好意を持ってくれていると考えられます。 その相手が年下の部下の場合は、強がるタイプと甘えるタイプに分かれますね。どちらにしても周りの人と明らかに違う態度になりますから、包み込むように接してあげてください。

職場の“年上さん”が無意識にみせる「好き」のサイン

職場の年上の男性は、自分が見下されることを極端なまでに嫌います。男性は見栄っ張りな人が多いので、女性に対して上位に立ちたがる人が多いのです。年上で上司の場合はその傾向はさらに強くなるため、好意を持っている相手には不必要なまでに強がって見せるでしょう自分にだけ強さを誇示してくるような人には、好意を持たれていると考えて間違いありません。その場合は、少し極端なぐらいおだててあげるといいでしょう。

年上の部下が相手の場合は非常に難しくなりますが、素直に特別な気遣いをしてくれる人がおすすめです。 そんな人には、あなたも素直な優しさを見せてあげてください。ひねくれた愛情表現をする人もいますが、そのような相手は将来苦労するので考慮しなくていいでしょう。

職場の恋愛って楽しい!

職場恋愛の楽しいところは、好きな人と毎日のように顔を合わせられるところでしょう。好きな人がいると休日の方がつまらなく感じてしまい「早く仕事が始まらないかな」などと思うことさえあるのです。難しい仕事につまずいても好きな人が見ていると思うと頑張れますし、好きな人と言葉を交わせただけでもやる気が出てきます。 そんな職場での恋愛を成就に導けるよう、気になる異性の発するサインを見逃さないようにアンテナを張っておきましょう。

その他のおすすめコラム