「いい出会い」を引き寄せるためにあなたがすべきこととしてはいけないこと

「全然いい出会いがないな」と悩んでいるあなた。そもそも「いい出会い」とはどんなものなのか、考えてみたことはありますか?
ここではどんな出会いが「いい出会い」なのか、いい出会いのために何をすればいいのかをまとめてみました。

そもそも”いい出会い”とは?

いい出会いをするには、まずゴールである「いい出会い」とは一体どんな状態なのかを考えてみましょう。「いい出会い」には人それぞれ定義がありますが、例えばこんな出会いが代表的です。

・お金の価値観が合う人との出会い
・一緒にいて気分が上がるような人との出会い
・同じような家族観を持っている人との出会い
・気楽に本音を話せる人との出会い

今挙げた中であなたが特に「ピン」と来たものや、「この中にはなかったけど自分だったらこういうのがいい出会いかな」と感じたことこそが、あなたなりの「いい出会い」のゴールです。
自分がどんな出会いを求めているか、その中でも特に大切にしたいポイントは何か、一度具体的に考えてみると出会いを探す行動にも取り組みやすくなりますよ。

”いい出会い”がない人の特徴

「出会いがない」と悩んでいる人の代表的な特徴が、「消極的なこと」と「ネガティブなこと」です。いい出会いがない人の特徴の1つ目である、消極性。
出会いが欲しいと思いつつも行動はしていないケースも、案外多いのです。新しい出会いのためにはやはり行動が必要ですので、受け身で待っているだけでは出会えないのも当然と言えるでしょう。

そして、いい出会いがない人の特徴の2つ目は、ネガティブなこと。
1度うまくいかなかったり、相手の嫌な部分が少しでも見えてしまうとすぐにネガティブになってしまう場合もいい出会いには恵まれにくいです。
せっかく出会っても長く続かない、いいと思えない場合は、人間関係をネガティブに考えすぎる傾向がないか、考えてみましょう。

”いい出会い”を引き寄せるためにすべきこと

これからいい出会いをするには、ぜひここで紹介する2つのことを試してみてください。まずは、自分自身が心地よく過ごすことです。
自分で自分の機嫌を取り、毎日を穏やかに過ごせるようになると、ネガティブさが自然と消えて人の欠点も受け入れられるようになります。
どうしても人を批判的に見てしまうせいでいい出会いを逃しがちな人は、まず自分を満たすことから始めてみましょう。

そして次に、出会いのためにできることを少しでも実践することです。仕事が忙しかったり内気でなかなか人に話しかけられなくても、出会いのためにできることはたくさんあります。
まずはネットで誰かと話してみる、友達に「出会いがほしい」と言ってみるなどもよいですね。
無理のない範囲、今の環境の中で自分ができる「いい出会いのための行動」をきちんと実践していくのがオススメです。

”いい出会い”を引き寄せるためにしてはいけないこと

逆に、いい出会いのために絶対にしてはいけないこともあります。

まず1つは、すべてを諦めてしまうこと。
頑張ったのにいい出会いが全然ないと、気分も最悪ですし、もうすべてがどうでもよくなることもあるでしょう。ですが、そこですべてを諦めて自分の殻に閉じこもる時間が長引くと、いい出会いからはどんどん遠ざかってしまいます。
1度休んで自分を癒すことは必要ですが、休みと行動のバランスを考えることが大切です。

そして2つ目が、出会いの場で嘘をつくこと。
今までいい出会い方をしたことがなく、自分に自信もない場合、ついつい自分を大きく見せる嘘をついてしまうことがありますが、これはNG。相手に嘘がバレた時には信用を失いますし、自分自身が良心の呵責に耐えられなくなることもあるからです。

最後に

いい出会いをするには、やはり実際に行動することが重要です。
今の生活の範囲内に出会いがないのであれば、出会いを探すために少しでも行動範囲を広げたり、新しい出会いの場に訪れたりすることで、少しずつ流れが変わるでしょう。

そして、結婚など自分の人生をも大きく左右する出会いは、1度や2度の行動では手に入れられない可能性ももちろんあります。
そんなときに備えて、普段から自分を癒す習慣を持っておく、心を落ち着ける方法を実践しておくのも、いい出会いを得るのに大切なポイントです。