「結婚に至るカップル」と「なかなか結婚できないカップル」の違いとは?
結婚願望のある方にとって、付き合ってもなかなか結婚に発展しなければ不安になりますよね。ゴールインするカップルとそうでないカップルとの違いは何なのでしょう?
そこで今回は、結婚するカップルと至らないカップルの特徴についてまとめてみました。

早い段階で将来を意識している

結婚に至るカップルは交際する時点で、お互いが「結婚を前提」と意識していることが多くあります。もしくはカップルになって早めに結婚の意志に関するすり合わせができている場合も、短期間で結婚する可能性が高いです。

一方、結婚に至らないカップルは、結婚に関するお互いの意思を確認できないまま付き合い、結婚願望が実はなかった…といったパターンがありますよ。

ほかにも、子供が欲しかどうかや理想の結婚像などを、日ごろから話題に挙げているかどうかも別れ道に…。交際1年で結婚するカップルのほとんどは、付き合って半年頃にお互いの結婚への意志を固めていると言われています。
もし、早めに結婚したいと思うのであれば、元々結婚願望のある相手と付き合う方がいいでしょう。

話し合いができる

何事も「話し合い」ができるかどうかでもゴールインのしやすさは合わってきます。将来を見据えた付き合いをしたい、長続きさせたいからこそお互いに本音をぶつけるもの。そもそも結婚相手として見ていなければ、丁寧に話し合う必要はありませんからね。

どんなささいな事でも嘘や隠し事が無く話合えれば、自然体で居心地の良い関係になるでしょう。まさにそれが、結婚に至るカップルで大事な部分であり、また結婚に至らないカップルに欠けている所と言えます。

どちらか一方のみの主張ばかり通ったり、価値観を押し付けるのではいけません。長く続く結婚には、お互いの価値観を持ちより共有するスタイルが必要。譲り合い、共感しあう関係がベストなのです。

価値観が似ている

結婚生活で大事なのは、物事の考え方や金銭感覚など、日常生活に必要な「価値観」の共有です。価値観が似ていない場合、付き合ってから衝突しやすくなるので、とてもじゃありませんが結婚できない可能性は高いといえるでしょう。

一方結婚するカップルは、同じような考え方や価値観を持つのでそれほどトラブルも起きません。多少ぶつかったとしてもすぐに認め合い、話し合いによって解決できることがほとんどです。中でも特に、金銭感覚が近いのは大きなポイントに!なるべく育ってきた家庭環境などが似ている相手だと、ストレスも溜まりにくいでしょう。

ただし、価値観が違っていても結婚に至るカップルももちろんいます。その場合、お互いがどのくらい歩み寄れるかがポイントに!二人の妥協点を話し合える状況であればそこまで問題にはなりません。

同棲が苦ではない

最近では、結婚する前にまず「同棲」をするカップルが増えています。同棲の利点は、実際に一緒に生活をすることによって、互いの価値観や生活スタイルの観察ができること。結婚前に同棲で結婚の予行練習をすれば、結婚生活の失敗は少ないと言えます。同棲では相手の正体をしっかりとチェック出来るので、思いやりや行動力、家事への協力度などが分かるでしょう。

さらに、同棲していなくても旅行に出かけることでも相手を知れるきっかけになります。長時間一緒にいても、自分がリラックスできたり苦痛でなければ、結婚相手としても相性は上々です。逆に、イレギュラーなことが起きやすい旅行ですぐにケンカになるなどであれば、別れた方が良いかもしれません。

経済的に余裕がある

結婚をする上で欠かせないのは「経済面」です。結婚式や子育て、新居への引っ越しといったことを踏まえるなら、金銭的なことも考えなければなりませんからね。たとえ愛情があってもお金の苦労が多ければ、それだけ結婚生活も窮屈に…。

結婚に至るカップルは、結婚願望の一致だけでなく、現時点での貯金や収入、将来はどのくらいのお金が必要となるのかなどの将来設計が出来ています。

反対に結婚に至らないカップルは、なんとなくそういった話題をあけようとしたり、お互いの金銭事情について全く知らないといったパターンが多いですよ。こういった関係では、金銭感覚が合わなかったり、もしかしたら職業や収入も嘘をついている可能性も…。

結婚願望がある方は、「相手がきちんと定職についているかどうか」「極端な浪費癖がないか」「貯金感覚があるかどうか」を見極めてみて下さいね。

結婚できないカップルって?①何となく付き合っている

では、結婚できないカップルの共通点とはどんなものがあるのでしょうか?その一つに、将来を考えずに何となく付き合っていることが挙げられます。特に長く付き合っているのに結婚というワードが出てこない、そもそもマンネリ気味で相手に対する愛情が薄れてきているのなら要注意。

ほかにも、「イベントになると寂しくなるからとりあえず交際を継続している」といった惰性で付き合っているカップルや、新しく恋人を作るのがめんどくさいと感じているケースもまた、結婚に至りにくいでしょう。

付き合う前に少しでも結婚について考えているのであれば、ある程度の期間を設気ておいた方が良いでしょう。ただ何となく同棲などを続けていると、事実婚のようになってしまい、どんどん結婚からは遠ざかってしまいます…。

結婚できないカップルって?②明らかに価値観が合わない

価値観があまりにもかけ離れすぎているカップルは、結婚には至りにくいでしょう。一方は将来設計ができているのに、もう一方は結婚に対するイメージがそもそもなかったり、あっても「そのうち…」と軽視している可能性が!「○○歳までには結婚したい」「子供が欲しいかどうか」などにズレや熱量に明らかな違いがあると、なかなか結婚までの道のりは遠いかもしれまん。

結婚は二人の問題であり、同じ方向を目指しているかどうかが何よりも重要。一人がどれだけ明確なビジョンを描いていても、もう一人がそれに乗ってくれなければどうにもなりません。さらに、普段から結婚の話題を避けられたり、結婚の話を全くしない関係では遅かれ早かれ関係が悪化する恐れがあるでしょう。

結婚できないカップルって?③現状に満足しすぎている

結婚をする上で、お互いの相性や価値観の一致は大事なポイント。気が合えば合うほどストレスも少なく、長続きもします。ただし、現状に満足し過ぎていると、それもまた結婚には至りにくいので注意が必要です。
特に交際期間が長いカップルでは、「今のこの関係がベストだし、別に今すぐ結婚しなくても…」という考えから、お互いが結婚を意識しなくなりやすいと言われています。

一見、長く付き合っているなら結婚を視野にいれることは当然のように思われますが、焦りが無かったり、逆に結婚に対して怖い気持ちがあれば、結婚できないのは当然。結婚したい気持ちがあれば、友人やお互いの家族に紹介しますし、結婚という「目標」に向けて何かしらの努力しますからね。

まとめ

結婚に至るカップルと至らないカップルの違いは、お互いの「意識」のギャップにあります。結婚を目標にしているカップルなら、交際時点でそういった目で相手を観察することも。他にも長く付き合っているのなら、家族や友人に紹介をしたり、結婚後の生活や価値観について話し合っていることは当然。

反対に結婚できないカップルはこうしたやり取りを避けたり、だらだらと現状維持をします。もし結婚願望があるのなら、早めに価値観を共有したり、相手にその気がなければ次に行くのも一つです!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム

2022年下半期版 木下レオンの結婚占い

2022年下半期版 Love Me Doの結婚占い

2022年下半期版 水晶玉子の結婚占い