奥さんにゾッコン!な旦那さんのあるある行動7パターン
奥さん大好きな旦那さんは、羨ましいですよね。奥さんにゾッコンな男性には一体、どんな特徴があるでしょう?そこで今回は、奥さん一筋の旦那さんの行動あるあるについてまとめてみました。

とにかく褒める

奥さんにゾッコンな男性は、奥さんをとにかく褒めます。服装や髪型はもちろん、奥さんのちょっとした仕草や行動なども素直に褒めてくれますよ。褒めるべきポイントが分かっているということは、普段から奥さんの見た目や行動をよく見ているからこそ。

また、奥さん大好きな旦那さんは奥さんがやってくれる家事などに対しても、「いつもありがとう」としっかりと労ってくれますし、どんな行動についても一度は「いいね!」と明るく肯定してくれます。

ですのでもし、旦那さんからのこうした愛情サインを感じたら、「ありがとう!」「うれしいよ!」と褒め返してあげて下さいね。褒められることが奥さんの喜びに繋がると分かった旦那さんは、さらに奥さんにゾッコンになり、これまで以上に褒めてくれるかもしれませんよ!

家事や育児を任せっきりにしない

奥さんにゾッコンの旦那さんは、決して家事や育児などを奥さんに任せっきりにしません。残念なことに中には、「結婚したら家事は奥さんがするのが当たり前!」と考える男性もまだ少なくないのです。

積極的に家事や育児を率先してやってくれるのは、「奥さんを休ませてあげたい!」「できるだけ奥さんの負担を減らしてあげたい!」といった考えがあるからこそ。つまり、本当に奥さんのことを大切に思う男性なら、「愛してる」「好きだよ」と言った言葉ではなく、きちんと行動で示してくれるということですね。

また、奥さんが好きなものに同調したり一緒に行動するのも、奥さんにゾッコンの旦那さんあるある。「少しでも喜びや嬉しさを共有したい」「ちょっとでも一緒にいたい」という気持ちがあるからだと言えるでしょう。

スキンシップが多い

スキンシップが多いのは、奥さん大好きな旦那さんしかやらない行動です。通常結婚生活が長くなれば、徐々にスキンシップが減る傾向にありますが、ゾッコンな男性は愛情が薄れることがないので、いつまでもベタベタです。

中には、家の中だけでなく外でも手を繋いだり、人目を気にせず触ってくることもあるため、逆に恥ずかしいなんてケースも!もし、奥さんにスキンシップを拒否されるようなことがあれば、旦那さんはかなりのショックを受けるでしょう。ですので、できるだけ奥さんもスキンシップを返してあげて下さいね。

スキンシップの減少は夫婦間でも非常に重要な問題ですし、離婚の原因にもなるとも言われています。男性の多くは、普段の部屋着よりもいつもよりオシャレをした際、より魅力的に感じ触れたいと思うようです。

きちんと話を聞いてくれる

奥さんにゾッコンの旦那さんは、何をするときも必ず奥さんの意見や考えを聞こうとします。独断で決めたり一人で勝手に行動することはなく、まずは奥さんの意見を考えを優先したいと思う気持ちが、優しさとして現れているということです。

結婚生活では家事や仕事、子供のことなどにおいて、お互いに協力し同じ目標をに向かって努力しなければいけませんが、逆に一方が意見を押し付けるとうまくいきません。

さらに、奥さんにゾッコンの旦那さんは、奥さんの変化についてかなり敏感に反応します。だからこそ、元気がない時はすぐ、「どうしたの?」「元気ないね?」と声をかけたりもします。コミュニケーションをできるだけ取ろうという姿勢もまた、奥さん大好きな旦那さんしかやらないことです。

プライベートや一人の時間を尊重してくれる

プライベートや一人の時間を尊重してくれる旦那さんは、奥さんの趣味や人間関係を応援している愛情サイン。

例えば、子供がいると普段奥さんは子供の世話でいっぱいいっぱいになってしまうもの。そういった負担やストレスを感じ取った旦那さんは、休日に子供の面倒を引き受けて奥さんを自由にしてくれることも!これは、育児をある程度できる男性にしか言えないことですし、奥さんの大変さを分かっているからこそできる事なのです。

さらに、一緒に住んでいてもお互いが別々の行動をしていても気まずくならなかったり、奥さん側の交友関係を制限しないのも、奥さんを大事にしている男性の特徴です。束縛をしないことは、相手を一人の人間として尊重している証。同時に二人にとっても、マンネリ化防止や長続きのコツだったりします。

連絡がマメ

奥さんを大事に思っている旦那さんは、マメな連絡を欠かしません。基本的に男性は、女性よりもそこまで頻繁に連絡しない傾向にあります。よく晩御飯を作って待っているのに、「食べてきた」と連絡もなしに帰ってくる男性っていますよね。

しかし、ゾッコンな男性は家で待っていくれている奥さんを心配させないように、「○時に帰るよ」「ちょっと遅れるかも」などといったメッセージを送ってくれます。早く会って、二人で楽しみたい気持ちがあるからこそ、旦那さんは奥さんに連絡をします。

ただし、連絡がマメな男性の中には、奥さんへの束縛が強い可能性も中にはいますので、見極めが必要です。こうした旦那さんは、メッセージの内容でも分かりますし、「やたらと奥さんのスケジュールを把握したがる」「プライベートな時間を制限される」などといった特徴があります。

常に一緒に行動しようとする

奥さん一筋の旦那さんは、とにかく奥さんと常に一緒に行動したがります。こういった男性はもちろん、浮気の心配もないですし、ちょっと暑苦しいくらいに常に奥さんの後をついてきます。

「何をしても奥さんと一緒でないと楽しめない」「少しでも一緒にいたい」男性心理によるものでしょう。このような旦那さんは、逆に一人で行動することができず、かえって不安になるタイプであるとも考えられます。

さらに一緒にいる時は、常に奥さんに配慮した行動をとりエスコートを忘れません。レディーファーストも徹底しています。どれだけ時間が経っても、付き合っていた頃と同じような熱量がある方は、いつまでも奥さんを女性として扱う行動を取るのです。

奥さんにゾッコンな旦那さんの心理って?

奥さんにゾッコンな旦那さんは、常に奥さんへの感謝の気持ちで溢れています。家事など自分のことをサポートし癒してくれる存在だからこそ、言葉や行動で愛情を示したいと考えているのです。やはり結婚生活が続くと、相手の長所だけでなく短所も見えてしまいますが愛情深い男性は、良いところも悪いところも全て受け止めてくれます。

また、自分が奥さんを大事にすることによって、奥さんの友人や家族など、周囲の人から「愛妻家」と思われたい男性もいます。もちろん奥さんが第一ですが、奥さんに関わる人たちからも好かれておきたいのでしょう。

さらに奥さん大好きな旦那さんは、「いつも自分だけを見ていて欲しい」「離れたくない」気持ちがあるので、奥さんも愛情サインに気付いたら返してあげて下さいね。

まとめ

長い結婚生活を円滑にしていくためには、旦那さんがどれだけ奥さんのことを思いやれるかが大きなポイントと言っても過言ではありません。奥さん大好きな旦那さんは、決して奥さんを悲しませたり不安にさせたりはせず、家事や育児も率先してやってくれます。

そして、そんな旦那さんから愛される奥さんになるためには、奥さんからの愛情も欠かせないでしょう。日々の感謝や自分磨きの努力、普段の行動から見直していきましょう!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム