【あなたの恋人はどう?】「回避依存症」の男性との正しい付き合い方&克服法

「回避依存症」をご存知でしょうか。
回避依存症を持つ人は、恋人同士であっても深い関係を作ることを避けたり、自分が傷つかないようにしてしまい本命にも心を開くことができません。
この回避依存症の男性心理は一体どんなものなのか、また、対処法はあるのか見ていきましょう。

「回避依存症」とは?

回避依存症とは心の問題です。

原因の多くは、育ってきた幼少期にあるといわれています。 親と正しい関係を結べなかった人が、「これ以上傷つかないためにどうすればいいのか」と考え、出した結論が「深く立ち入らない」ということになったのです。
親との関係は、成長すると恋人や夫婦の関係で再現されるため、回避依存症の男性は、回避依存症を持っていない女性からすると「何でそんなことをするの?」という理解しがたい行動をするように見えます。

たとえば「深い関係になりそうな時にすぐ別れる」「次々と恋人を作り乗り換え続ける」「浮気を繰り返す」などです。また、恋人同士であったとしても、男性が傷つきたくないあまり、話し合いを拒否したり、喧嘩になると何も言わず外に出て行ったりしてしまうこともあるでしょう。

「回避依存症」の男性がもつ特徴

回避依存症の男性の特徴は、大きく分けて2つあります。「自信がない場合」と「自信がある場合」です。

たとえば自信がない男性の場合、「他人からどう見られるか」を常に考え行動するため、性格に一貫性がないように見えます。
また、自分に自信がないために、恋人を必要以上に束縛することもあるでしょう。 「電話帳の異性の名前を全て消して」「異性のいる飲み会に行かないで」などと伝えてくることがあります。

反対に、自分に自信があり、傲慢な考えになっている回避依存症の男性は、恋人が何人もいたり、人間関係が広く、多くの異性と常に連絡を取り合っていたりすることがあります。
ただ、この場合も結局は「誰か1人に絞って傷つくのが怖い」という気持ちの表れと言えるでしょう。

「回避依存症」をもつ彼との付き合い方

回避依存症を持つ男性と付き合うには、「安心感」がキーワードになります。

まず、いたずらに男性を煽るような言葉遣いはしてはいけません。 相手にとってあなたが「安心できる相手だ」と認識してもらうことが大切だからです。 信頼関係を作り上げる中で、相手に「自分が味方であること」や「回避依存症を理解したいこと」を伝えてあげましょう。

また、こまめに愛情表現をしたり、きちんと言葉で伝えたりするのも有効です。 回避依存症の男性は、今までに多く傷ついてきて、「これ以上は無理だ」というところで人間関係をなんとかやり過ごしています。 ですから、「怖がらなくていい」ということを言葉だけでなく行動で示し、納得してもらう必要があるのです。

「回避依存症」の克服方法

回避依存症を克服していくにはどうしたらいいか、お伝えしていきます。

最初に一番大切なのは「対等になる」ということです。 確かに、依存症は克服しなければいけない状態にあるでしょう。 しかし、あなたが一方的に相手を変えようとしても、良い方向には進みません。 そのためにも、「回避依存症だと自覚をしてもらう」ことや「普通の人付き合いの仕方を少しずつ伝える」ことが大切です。

さらに、相手を褒める、相手がどうして回避依存症になったのかを過去の話から想像してあげるなど、相手をケアする必要もあるでしょう。
ただし、相手を「治してあげよう」とすることや、むやみに甘えさせることは依存症が長引いたり、悪化する原因にもなります。
常に適度な距離感を保ち、自分自身が苦しまないよう、相手を支えていきましょう。

最後に

回避依存症の男性と出会ってしまうと、単純に「困った人だな」と感じがちです。 しかし、その人に責任があるかというと、そうではありません。 本人が回避依存症を治したいと感じているなら、そして2人に真実の愛があるなら、回避依存症を治すことができるでしょう。

ただし、完治するまでの道のりは平坦ではありません。 苦しいと感じてしまうような時もあるでしょう。
専門家のアドバイスなども聞きながら、諦めず、長い目で相手と向きあって下さいね。