【もし失恋したら……】辛い片想いの心のケア方法4つ
片思いの彼がいたけれども失恋したらどうしよう、このように思っていませんか? どんなシチュエーションでも失恋したら寂しいですし、つらいですよね。 そのような中でも立ち直る方法はいくつかあります。ここでは4つの心のケア方法をピックアップしてみました。

①たくさん泣く

片思いで失恋したら、とにかく思いっきり泣いてみることです。
大人になると子供のように泣きじゃくることに抵抗のある人もいるでしょう。 恥ずかしいことだと思うからです。 しかし泣くのを我慢して、辛くて寂しい気持ちを心の中にしまっておいてもなかなか立ち直ることはでいません。 無理やりにも泣いて、泣きまくってみるとむしろより早く立ち直れます。

涙は心のデトックスといわれています。思いっきり泣くことで、悲しい気持ちが洗い流されたような感じになるからです。 声が出てしまうほど大泣きしましょう。 泣いたときって泣き疲れて、けっこうぐっすり眠れます。しっかり睡眠が取れれば、心もリセットできるでしょう。
そうすれば、次の恋に対して前向きになれます。

②自分の気持ちに正直になる

片思いして失恋したら、自分に対して正直になることも大事です。
しかし多くの女性が、失恋したことに真正面から向き合わない傾向が見られます。 周りの状況がそれを許してくれないからというのもあるでしょう。 社会人になれば仕事もありますので、失恋しただけで仕事を放り出すわけにもいきません。

本当は傷ついて寂しいのに、それを誰にも見せずに心の中にそっとしまい込んでしまっていませんか? しかしこれだと、ずっと寂しく傷ついた状況から脱却できません。
失恋から立ち直るためには、自分としっかり向き合うことが大事です。失恋して傷つく、辛い思いをするのは当たり前のことです。まずそれをしっかり受け止めましょう。
その上で、傷ついた自分の心をいやすにはどうすればいいか考えましょう。

③友達にたくさん話す

片思いで失恋したら、友だちにその話をするのも有効です。
失恋したら、その寂しい気持ちを自分の中で収めようとしていませんか? しかし自分の心の中に留めておくといつまでも立ち直れませんし、彼のことを引きずってしまいます。

友達に話すだけでも気持ちが解放されるので、心も軽くなります。 この時ポイントになるのが、親友とも呼べるような心の許せる相手に話をすることです。あまり親しくない人だと気を使ってしまって、自分の話をしても中途半端に終わってしまうかもしれません。 とことんまで話を聞いてくれるような親友に話をしましょう。できれば「大変だったね」とか「辛かったね」のようにあなたの気持ちに寄り添ってくれるような友人がおすすめです。

④自分をいっぱい甘やかす

自分を思いっきり甘やかす方法も、失恋から立ち直るための方法としておすすめです。
片思いの相手に失恋したら、中には自分が情けなく感じる人もいるでしょう。 しかし人を好きになることは、本来とても素晴らしいことです。 失恋したのもあなたがダメなのではなく、タイミングが悪かっただけなのです。

人を好きになることができた自分を、思いっきり褒めてあげましょう。今までほしかったものを購入する、おいしいものを食べる、何でも構いません。 またエステサロンに行って施術を受ける、美容院でヘアカットをお願いするのもいいでしょう。 エステティシャンや美容師の手で施術を受けると、癒された気持ちになるからです。
恋愛を頑張った自分を否定することは一切ありません。

最後に

片思いをして失恋したら、とてもつらい気持ちになるでしょう。 寂しくて、どん底に落ちたような感覚になるかもしれません。 でも失恋したのは見方を変えれば、次の恋のチャンスをもらったとも解釈できます。
そこで大事なのは、失恋した自分をどうリセットするかです。上で紹介した立ち直る方法を利用して、前向きになれるように頑張りましょう。 前向きで明るい女性には幸せが向こうから転がり込んでくるものです。自分だけで解決できそうになければ、友人に話すなど周りを頼ってもいいのですよ。