【パターン別】元彼と復縁するベストタイミングとやってはいけないNG行動
元カレと復縁したいと考えたときに、復縁できるベストタイミングや、やってはいけないNG行動があるのを知っていましたか。 別れた直後は感情に任せて行動してしまいがちですよね。 今回の記事を参考にすることで復縁のチャンスが広がることができるといいですね。

復縁するタイミング①自分が振られている場合

元彼に振られている場合、元彼のあなたへの愛情はリセットされている状態です。 このような場合の復縁のタイミングは元彼があなたを振ったことを後悔したときです。 元彼に別れを後悔させるには、付き合っていた頃よりもきれいになったり、仕事を頑張って結果を出したりする必要があります。

元彼に付き合っていた頃よりも成長したあなたを見せることで、元カレはあなたとの別れを後悔するでしょう。 ですから、元彼に振られた場合にまずやるべきことは付き合っていた頃よりも魅力的な自分になることです。何も変わっていないのに元彼に復縁を迫っても、復縁はできないでしょう。まずは元彼が魅力を感じるような女性になることが大切です。

復縁するタイミング②自分から振った場合

こちらから元彼を振った場合、元彼にはまだ未練が残っているかもしれません。復縁のタイミングは元彼が未練があることを打ち明けてきたときです。 なぜなら、こちらから振ったのに、ただ復縁したいと言ったのでは元彼を振り回していることになり、元彼もいい気分はしないでしょう。 元彼があなたに未練があると打ち明けてくるのは、あなたとやり直したいと思っているからです。

もし未練を打ち明けられたのであれば、前よりももっと良い付き合いができることをアピールしましょう。 そのためには振ったときよりも、あなたが成長しておくことが必要です。前よりも良い付き合いができることをアピールすることによって、元彼も復縁を決意するでしょう。

NG行動①相手の状況を尊重しない

元彼と復縁するにあたって、やってはいけないNG行動の一つに「元カレの状況を考えない」というものがあります。 例えば元カレが新しい恋を始めていたり、もう彼女ができていたりする場合、復縁を無理矢理迫っても悪印象を与えてしまうだけになります。 なぜなら、元カレはもう新しい道を歩みだしているのに、足を引っ張るような真似をすることになるからです。

また、あなたの未練を押し付けることによって、「付き合っていた頃と成長していない」と思われてしまうことがあるのです。 元彼が新しい恋を始めているのなら、未練たらしく追いかけ回すことはやめておいたほうが無難でしょう。これから復縁のチャンスがあるのかもしれないのに、自らチャンスを潰してしまうことになります。

NG行動②すぐに連絡を取ろうとする

元彼と復縁するためにやってはいけないNG行動として、すぐに連絡を取ろうとすることがあります。 なぜなら別れた直後は元カレもダメージを受けていますし、お互いに冷静になる冷却期間が必要だからです。

特に別れたときに話がもつれたりした場合は、元彼はあなたへ悪印象を持っているかもしれません。 すぐ連絡を取ろうとすると、あなたの悪印象がさらに強まってしまいますので、復縁をしようという気にはならないでしょう。 時間が経つにつれて、あなたへの悪印象も薄まりますし、思い出も美化されてきます。 そうなったタイミングで連絡を取り、復縁のタイミングを伺うことが一番です。 くれぐれも別れた直後に連絡を取ったり、復縁を迫ることがないようにしましょう。

NG行動③悲劇のヒロインを演じる

復縁をしようとしてやってはいけないNG行動の一つに”悲劇のヒロイン”を演じることがあります。 友達に泣きついたり、仕事中に泣き出したり、SNSで復縁したい旨の投稿を書き込んだりすると、元彼はうんざりして復縁する気を失くしてしまいます。また、悲劇のヒロインを演じていると、慰めるのに疲れた友達も離れていってしまうかもしれませんし、最悪仕事まで失うことになってしまいます。

いつまでも被害者のような振る舞いをしていると、勝手に加害者にされた元彼はたまったものではありません。二度とあなたの関わり合いを持ちたくないとまで思ってしまうかもしれません。 復縁したいのなら、悲劇のヒロインを演じるのはやめておいたほうが無難です。

まとめ

元彼と復縁するためのベストタイミングややってはいけないNG行動についてまとめました。 別れた直後はなかなかお互いに冷静になれないもの。そんなときに復縁を迫っては、復縁をできるものもできなくなってしまいます。 もし復縁をしたいのなら、一度冷却期間を置くのが一番です。そして、付き合っていた頃よりも魅力的な女性に慣れるように努力しましょう。 そうすることで、復縁できるチャンスを手に入れることができますよ。