【実は狙われてるかも…】男性が「不倫相手」に選びがちな女性の特徴6つ
なぜか既婚男性から口説かれることが多い、不倫関係になりやすい女性っていますよね。実は、不倫に持ち込む男性というのはあえて誘いやすそうな女性を選んでいることがほとんど。今回は男性が不倫相手に選びやすい女性と反対に選ばれにくい女性の特徴についてまとめてみました。

「不倫相手」に選びがちな女性①押しに弱い

男性が「不倫相手」に選びやすい女性の特徴として『押しに弱そう』な女性が挙げられます。誰にでも平等に優しく、相手が既婚者であっても独身のようにフレンドリーに接してくる女性は特に狙われやすいです。相手が既婚者だと知らなかったなんてこともありますが、強い態度に対してなんとなく断れない雰囲気を漂わせている女性も含まれます。男性は、そういった女性に対して甘い言葉をいくつか言ってみたり、ちょっと高圧的な態度を取れば簡単に手に入れられると思っています。

また、たとえ既婚者だと知ったとしても怒ったりできなさそうな人だと考えられていることもあります。あまり公には既婚者だと知られていないような、いわゆる「隠れ既婚者」の男性に目を付けられやすい傾向にあるので、嫌なのであればビシッと断る面を持っておいた方が良いでしょう。

「不倫相手」に選びがちな女性②恋愛慣れしてなさそう

『恋愛慣れしてなさそうな』女性もまた、既婚者の男性にはターゲットにされやすいと言えるでしょう。いかにも純粋そうで男性から口説かれたり、デートに誘われたりする経験が少なさそうな女性は、それだけ男性からはたやすく落とせそうだと思われてしまうのです。

さらに、『自己評価が低そう』『自信がなさそう』な女性も狙われやすいです。恋人がいない期間が長いといった噂を聞きつけた男性が、ピュアで新鮮な女性の反応を楽しみたくて誘ってきたりもするのです。こういった女性を狙う男性の常套句としては「君じゃないとダメなんだ」「僕の特別な存在になってくれないか」などであり、おもに二人きりになった時に急に言ってくることが多いですよ。

「不倫相手」に選びがちな女性③真面目

不倫というものはかなりのリスクがあります。ですので、2人の関係についての秘密を死守してくれる口の堅い人や『真面目な人』を男性は求めています。さらに、男性側にも女性側にもそれぞれ家庭がある人なども、同等のリスクが背負える稀有な存在ということで、不倫関係に陥ってしまうなんてこともあります。

男性にとっては,会いたいときに都合よく会えたり、2人の関係について黙っておいてくれるような女性が、不倫相手としては理想的なのです。さらに、真面目な女性は自分のことよりも相手のことを優先させがちなので、男性のワガママや少し雑に扱われることに対しても我慢強いところがあるため、誘われやすいというところがあります。

「不倫相手」に選びがちな女性④美人or恋愛体質

『恋愛体質』もしくは持ち前の美貌で『恋愛経験が豊富そう』な女性もまた、不倫という一時の欲求を満たすための関係を求められがちです。不倫をする男性の中には、仕事や家庭が上手くいっていてもどこか満たされない部分を感じていて、平穏よりも刺激を求めるといった心理があります。ですので、奥さんとはできないことをしてくれそうな相手や、独身時代では到底口説けなかったようなタイプの女性をここぞとばかりに選んだりすることがあります。

また、男性同士の中では、高嶺の花のような女性と「付き合った」「口説いた」といったことが一種のステータスとなるケースも多く、周囲に自慢したいというだけが理由の男性も少なからずいるのです。

「不倫相手」に選びがちな女性⑤奥さんとは違ったタイプ

既婚男性が惹かれる女性の特徴として『奥さんとは全く異なるタイプ』というものがあります。日々、顔を合わす家族と外見や内面などが反対の女性と付き合うことで、自身の溜まった欲求を解消したりするのです。もしかしたら、一緒に暮らしていく中で不満に感じた奥さんの欠点などを、補うことができるような女性のことがやたらと魅力的に見えてしまう、なんてことも理由としてあるかもしれませんね。

かなりの年齢差がある不倫カップルに関していえば、家庭に入った女性にはない若々しさや女性らしさを求めている可能性も高いですよ。一緒に話している時などに、奥さんについての愚痴や悪口が多い男性であれば、おもにこのパターンに当てはまる方が多いのではないでしょうか。

「不倫相手」に選びがちな女性⑥自分を受け入れてくれる

『一緒にいて癒しをくれる』『いつでもどんな自分でも受け入れてくれる』ような女性は、既婚男性にとって理想的であり、好意を抱きやすい存在。とくに立場上、男性の方が優位であれば社交辞令であっても「自分にいつも共感してくれる」「尊敬のまなざしを向けてくれる」女性に対してはハマりやすい傾向にあります。

こういった男性の多くは、主に家庭内で夫婦としてのスキンシップが不足していたり、子育てで奥さんがかまってくれないなどといった状況が背景にある場合が多くあります。家庭で不足した欲求を、外部で他の女性に埋めてもらいたくて、不倫という禁断の関係に走ってしまうのです。

男性が「不倫相手」に選ばない女性①感情的

ここからは既婚者の男性が反対に不倫相手として「選ばない」女性の特徴についてお話しします。不倫をする男性にとって一番恐れていることと言えばやはり「不倫をしているのがバレてしまうこと」。したがって、ちょっとしたことで『すぐ感情的になる』ような女性は敬遠されがちですよ。会う度に「早く離婚してよ!」「子供が欲しい」などと大胆な発言をするような女性も、そう長くは持たないだろうとうんざりされてしまうことがあります。

さらに、感情的とは少し異なるかもしれませんが、会社や自宅近くで待ち伏せしていたり、家族との時間を狙ってわざと連絡してくるような『嫉妬深い』女性もまた、男性にとっては付き合うリスクが高い女性と思われ不倫相手としては選ばれにくいでしょう。

男性が「不倫相手」に選ばない女性②聞き分けが良すぎる

アレもしたい、コレもしたいとわがまますぎる女性はNGなのですが、反対に男性が何をしても許してしまうような女性もまた、意外ですが不倫相手としては選ばれないことが多いです。聞き分けが良すぎる女性は確かに付き合う上でのリスクは低いですが、思い通りになりすぎると男性の狩猟本能が刺激されずに今一つ夢中になりにくいのです。

また、不倫に誘われやすい女性の特徴でも出てきた真面目な女性の中でも、あまりにもきっちりした『真面目すぎる女性』はかえってめんどくさがられるといったパターンもあります。ガードが固すぎる、男性の考えに対して正論ばかり言って論破してくるとなると、男性は一緒にいることに疲れてしまうのです。

まとめ

今回は男性が不倫相手に「選びやすい」女性の特徴と「選ばれにくい」女性の特徴についてご紹介してきました。不倫相手というのは、男性にとってどれだけ都合が良いかという『現実的な部分』と、それでも自分を癒してほしいという少し『幻想的な部分』とのバランスが重要となってくるようです。もし、あなたが不倫を望まないのであれば、狙われた時点でキッパリと断ることも大切ですよ。

画像出典:istock 

その他のおすすめコラム