2人で飲みに行く時、男性はどんなことを考えている?【2人飲み心理】

気になる男性から飲みに誘われた…大いに悩んでしまう瞬間ですね。
しかも2人きりで出かけるとなると、ためらってしまうのも仕方がありません。男性の中には下心だけで飲みに誘う人もいるので、その警戒心はもっとも。
この機会に、恋愛を有利に進める方法をお知らせします。

2人で飲みに行くチャンス到来!これって脈あり?

あなたがもっとも知りたいのは、相手が好意で誘っているのか、それとも下心で誘っているのかですね。
大切なのは男性心理を読み解くことで、冷静に向き合えば下心しかない相手を避けることは難しくありませんよ。
もっとも、多少の下心には目をつぶってあげることも大事です。
あなたに関心がある証拠だとも言えるのですから。

また、2人きりで飲みに誘ってくれるということは、それだけで「脈あり」のサインだと考えてもいいでしょう。
迷ってしまった場合は、あえて日時をずらしてみるというのもいいですね。
あなたの都合に合わせてくれるかどうかも、相手の本気度を測るちょうどいい目安になります。
絶対に相手の指定通りでなくては…そんな思い込みは不要です。

2人で飲みに行く時の男性心理:好意編

異性を飲みに誘う時の男性心理についてですが、まずは純粋な好意について知っておきましょう。
あなたに好意を抱いており、だからこそ飲みに誘うといった場合、お互いの理解をもっと深めたいという心理が働いている可能性が高め。
あなたのことを知って、2人の恋の可能性を見極めたいといった理由ですね。
また、中には癒やしを求めて誘ってくる男性もいます。

誰かとお酒を酌み交わすことで、嫌なことを忘れたりストレスを発散できたりするのです。
その場合は、恋愛感情とは関係なく誘ってきているに違いありません。
他にも、ただ友人として交流を深めたいという理由も考えられます。
男性の性格によって飲みに誘う理由はさまざまですが、そのどれも将来の交際につながるものと考えていいでしょうね。

2人で飲みに行く時の男性心理:下心編

下心だけでお酒に誘ってくる時の男性心理も理解しておきましょう。
よくない相手からの誘いを断るためにも、どういった考えで行動しているのかを理解しておくのが近道です。
もっとも避けたいのは、お酒に酔ってあなたのガードが緩くなると考えるタイプ。
酔ってしまえば交際を始めたり体の関係をもったりするのが簡単だと考えるのですね。

そういう男性とは誠実な交際になりにくいですから、誘いには乗らないほうがいいでしょう。
一方で、男性本人が気弱な場合も「飲みに行く機会」を利用する場合があります。
こちらは自分が酔うことで、普段はできないような歩み寄りが見せられると考えるタイプ。
どちらにしても恋人の候補には向いていないと考えていいでしょう。

誘ってくれた男性にもしあなたが好意をもっている場合

誘ってくれた男性に、あなたが好意をもっている場合は、一緒に出かけることになりますよね。
その際は、自分の魅力をさりげなくアピールしましょう。
たとえば料理を取り分けたり飲み物のお代わりを勧めたりと、細やかな気づかいを見せるのが簡単な方法です。

また、「誘ってくれてうれしい」といった言葉を伝えてあげてください。
そうすることで、相手の緊張を解いたり、「また誘いたい」と思ってもらえたりもします。
それから非常に重要なポイントですが、意識があやふやになるほど飲まないこと。
節度のある飲み方を見せることで、安心してもらえるのですね。
そして、また一緒に出かける約束を交わしたら、早めに切り上げましょう。
そうすれば、2人の関係が次につながりやすくなりますよ。

男性心理を理解して楽しい時間を過ごしましょうね

飲みに行って楽しい時間を過ごし、その結果として恋愛へと進む…そういった展開は決して悪いことではありません。

お酒の力を借りて、あるいはその場の雰囲気に流されて関係をもってしまうというのがいけないだけで、飲みに行くこと自体を否定的に見ないでください。
それにお酒を飲むことで初めて、本性が表れる男性というのも存在しています。
交際をスタートさせる前に、そういった部分を見極めるためにも、一度は確かめておきたいですね。