【付き合う前にチェック!】いつまでも彼女に『ゾッコン』な男性の特徴5つ
付き合うなら、『変わらず自分のことを大切にしてくれる男性』を選びたいと思うもの。しかし、中には付き合った途端に態度を豹変させる男性もいるのです。
今回は、付き合う前に判断できる、付き合っても後悔しない男性の見分け方についてご紹介していきます!

自己コントロールが上手

機嫌が悪くなったり、テンションが下がってしまうのは人間なら誰しもあることです。しかし、イライラしたり落ち込んでいる時に、直接関係のない人やモノに当たるのは『自己コントロール』ができていない証拠。そういった男性と実際に付き合ってしまうとなると、あなた自身がその男性の怒りの吐き口にされてしまう可能性が…。

もし、あなたが現在一緒に仕事をしていて、気分によって言っている事や、やっていることがコロコロ変わる男性がいれば注意してください。それよりも、どんな時でも比較的穏やかなテンションで理性的な対処をしてくれる男性を選ぶ方が良いでしょう。一緒にいることで、こっちまでも常に優しい気持ちでいることができますよ。

優しい

好きな男性のタイプとして、『優しい人』を挙げる女性は多いでしょう。しかし、優しさにもいくつか種類があり、例えば「可愛いね」「綺麗だね」などの誉め言葉を頻繁に使う男性は、もしかしたら注意したほうが良いかもしれませんよ。

なぜなら、そういった男性は誰にでも言っていることが可能性が高いからです。いつでも引き出せるような言葉ではなく、些細なタイミングで、「ありがとう」「お疲れ様」といった言葉をかけてくれる男性かどうかが見極めどころなのです。

また、『聞き上手な男性』もあなたを大切にしてくれますよ。話していると何となく自己肯定感が満たされる、自分だけでなく店員さんや周囲の人に対しても気遣いや態度を変えることがない、というのも重要な見極めポイントとなります。

責任感が強い

男性は基本的に、女性に対して「自分を大きく見せたがる」性質を持っています。ですが、それを有言実行する男性や嘘をつかない男性は、本当の意味での『信頼ができる相手』だと言えるでしょう。口先だけの理想論を述べるような男性は、付き合うとあなたとの小さな約束事やデートの時間などを守らない場合が出てきますよ。もしかしたら、「自分は悪くない!」と言い訳や逆ギレをしてくる可能性もあるかも…。

そうならないために、普段の男性の仕事のやり方、トラブルやイレギュラーが起きたときに男性がどう対応しているのかを観察してみるといいでしょう。誠実な態度で接しているか、言い逃れをするようなことがないかなどによって、人としての責任能力の有無がはっきりします。

他人の意見を受け止められる

仕事の話でも雑談でも、自分の意見と相手の意見が異なった時に、頭ごなしに否定してくる男性や「ありえないよ」「普通は…」と言う男性は要注意。なぜなら、付き合ってからも些細なことがきっかけで喧嘩になりやすいからです。何もあなたの意見を丸ごと受け入れてくれる男性を選べという意味ではなく、偏見を持たずに最後まで話を聞いた上で、自分の意見を述べてくれる男性を選んだ方がベスだということです。

さらに、そもそも付き合う前の時点で、あまりにも価値観がかけ離れすぎているのであれば、仲を深めていくことそのものが難しいと言えるでしょう。どちらか一方ばかりが我慢を強いられる状況が続くと、付き合うこと自体がストレスになってしまいますからね。

同性からの人気が高い

付き合う上でのポイントとして、『同性からの評価が高い』というのも大事なところ。異性からは人気でも、同性からはやたらと不人気であったり、なんなら嫌われているのであれば、ひょっとすると『裏表の激しい人』なのかもしれません。
当然、女性ウケがいい男性であれば、自分と同じ女性からの嫉妬なども影響して、付き合うリスクも高くなります。職場の後輩や先輩、上司から信頼を寄せられていたり、尊敬されている男性は仕事における将来性も望めます。

他には、その男性が親など『家族を大切にしているか』というのも重要ポイント。もし、結婚したとしてもそういった男性であれば、問題なくあなたの家族とでも、仲の良い関係を築くことができることでしょう。

こんな男性には気を付けて…①こだわりが強すぎる

ここからは「こんな男性には注意したほうがいい」といったタイプについて紹介していきます。「女性は絶対若くないとダメ!」「家事全般は完璧でないと女性として見れない」といった『こだわりが強い』男性は避けるべき男性の一つですね。

付き合っても、あなたが歳を重ねることに嫌悪感を示しだし、すぐに飽きたと言って別れやすい傾向にあります。ちょっとした会話の中でも、『やたらと年齢を気にしてくる』『若さを強調・称賛してくる発言をしてくる』男性には特に気を付けて下さい。

さらに、根本的に女性のことを見下しているような言動をしていないかもチェック。そういった男性はモラハラ気質にある、もしくはそれに発展する可能性が高いため、恋人候補にとどまらず、関わること自体も避けた方が良いかもしれません。

こんな男性には気を付けて…②実家暮らし

『一人暮らしの経験がない』男性も付き合うと苦労します。なぜなら、何をしても「やってもらうのが当たり前」と思っており、気づけば男性の母親のように身の回りの世話をしていた…なんてことにもなりかねないからです。また、そういった男性は高確率で自分の母親のレベルを基準と考えているため、少しでもやり方や考え方が異なると、やってもらっている身で文句を言い始めることもあります。

もし、「結婚を前提としたお付き合いをしたい」「将来的に同棲を考えている」といった場合は、付き合う前に一度、一人暮らしの経験があるかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。日常会話の中でさりげなく自炊の話題を振ってみたり、里帰りの話をして探りをいれてみて下さい。

こんな男性には気を付けて…③感謝・謝罪ができない

人に何かをしてもらった時に「ありがとう」が言えない、自分に非があった時に「ごめん」と謝罪ができない男性は避けた方が無難です。どちらにも共通していえるのは、こういったことをするのは『無駄にプライドだけが高い男性に多い』ということ。「謝ったら負け」「自分の方が上である」と本気で思っています。

実際にそんな男性と付き合ってしまったら、些細な言い合いから喧嘩に発展しがちだったり、モラハラ同様にあなたがストレスを感じやすい関係性になるでしょう。何かを手渡した時に「ありがとう」の一言があるか、遅れてしまった時は「ごめん」という言葉が出てくるか。細かいところではありますが、何気に一番大切な部分でもあります。

まとめ

女性のことを大切にしてくれる男性と過ごすことができれば、自然と自信が身につき仕事やプライベートなど全てにおいて上手くいきやすくなります。そして、それはお互いにとってもいい影響となり、フェアで長続きする理想のカップルに近づくことができるでしょう。今回のポイントを踏まえて、自分にとってベストな男性を吟味してみて下さいね!

画像出典:istock

その他のおすすめコラム